ボニックジェルの効果とその役割

ボニック、ボニックプロに付属しているジェルは、RF(ラジオ波)、キャビテーション、EMS、ボニックの超音波などの機能で電気による刺激を、

お肌や筋肉に効率よく届けてくれる他、ジェル自体に美容効果があったんです。

ボニックの刺激をお肌に届ける!

ボニックのジェルは、この電気信号を体にしっかりと伝えるという役割を持っています。
ボニックやボニックプロのEMSでジェルを使わずに体に当てると何も感じない、または少しビリビリと刺激を感じる程度の効果しか得られません。
しかし、ボニックジェルを塗ってからボニックを使用することで、先ほどとはくらべものにならない電気の刺激を感じ取ることができます。

身近なところだと心電図や、超音波検査の前にジェルを塗ってから機械を当てて診察されたことはないでしょうか。
それらも通電性を上げるためにジェルを使っているのですが、それと似たようなイメージかもしれません。

 

保湿や美容効果までもつボニックジェル

ボニックジェル2つ目の効果は保湿や引き締めなどの美容効果を持っているということです。
ボニックプロと一緒に販売されている「ボニック王レミアムリフトジェル」には、美肌にはかかせない
「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」をはじめ、「ココナッツオイル」や「アルガンオイル」、高保湿成分「シアバター」などの保湿成分をたっぷり配合しています。

さらには引き締めの効果を持つ「スベルトニール」、「グラウシン」、「カフェイン」などを配合しています。

これらの様々な美容成分が入っているのでマッサージジェルとしても利用することが出来ます。