太ももの筋肉太りの原因は筋肉の上についた脂肪

ダイエットに励んでいるつもりが、以外に痩せにくいのが太ももです。
実は太ももは筋肉太りとも呼ばれ、大きく張るように太っていることが多いです。
でも実はこれ、運動のしすぎなどが原因ではなく、筋肉の上についた脂肪だと言われているのですが、太りやすい体質の方は注意が必要です。
ダイエットや運動では部分痩せが難しいとされていますが、ボニックを使えば気になる太ももをピンポイントで細くすることが可能です。
ボニックは超音波によって、脂肪に運動効果をもたらし、健康的にダイエットができるのです。
1日5分という短い時間でエクササイズができますから、忙しい方でも続けられやすく効果が実感しやすいのが特徴です。
室内で使用できるので、天気や気温に左右されることもありません。

セルライトは普通のダイエットでは落ちにくい

セルライトとは体内の余分な水分や老廃物が肥大化したもののことで、太ももなどを絞ったときに見える、
凸凹したもののことを言います。
このセルライトは落とそうと思っても、なかなか手ごわく、普通のダイエットでは落としにくいです。
脂肪の燃焼を自力で行おうと思うと、しっかりと脂肪燃焼に働きかけるような運動が必要になってきますが、
運動を始めようと思い立ってもなかなか実行するまでにはいかないことが多いですよね。

そういう方のためにはボディケアマシーンのボニックがおすすめです。
ボニックは強力な超音波の振動が脂肪へしっかりと働きかけ、毎日5分程度のボディケアをするだけではっきりと効果は現れます。
運動するやる気が起きないという方には、毎日短時間で行うことの出来るボディケアが適しているでしょう。

セルライトには激しい運動は逆効果

セルライトを落そうと激しい運動しても、セルライトが減らないという経験をした人は、多いはずです。
実は激しい運動をする事で逆にセルライトを溜めこんでしまうという逆効果になってしまうのです。

その理由は、運動で筋肉を酷使してしまうと、水分を蓄えようと体がしてしまい逆に血液やリンパ液の循環を悪くしてしまい、
結果的にセルライトに溜めこんでしまいます。
痩せようと思って激しい運動した事が逆効果になってしまうので、筋肉痛を伴うような激しい運動は避けた方がいいです。
それに対して、ダイエット機器のボニックは超音波でセルライトを溶かす事が出来て、血液やリンパの流れを良くする事が出来ます。
ボニックは、値段も手頃で効果があるコストパフォーマンスの高いダイエット機器です。

セルライトに効果があるボニックの超音波

頑固落ちにくいデコボコの脂肪の塊、セルライト。
運動を頑張っていても、集中的に落とすのは困難です。
セルライトに外側から働きかけるボニックなら2つの効果的な機能が搭載されています。
1つは超音波で、一秒間に100万回もの振動により部分的に脂肪を温め、セルライトに働きかけます。
もう1つはEMSです。
EMSとは低周波の事で、筋肉を機械的に動かす事ができ、運動と同じような効果で部分痩せができ、運動が続かない方も継続しやすいです。
ヘッドも大きく、働きかける範囲も広いのでより広範囲のセルライトに効果的なところも嬉しいですね。
充電式で持ち歩き可能な手軽さも魅力的な部分ですね。
運動の苦手な方もぜひボニックでセルライトを撃退しましょう。

ボニックはお風呂で使うと効果がでやすい

ボニックとは自宅で簡単にエクササイズができる、ハイテクマシンです。
テレビをみながら肌にボニックをあてるだけで、EMSや超音波の効果によってダイエット効果が期待できます。
このボニックは防水機能がついているため、お風呂でも使用することができます。
とくにお風呂で使用すると、体があたたまっている状態なので、脂肪が燃焼しやすくなるといったメリットがあります。
またお風呂の温度でリラックスすることによって、精神的な満足感も高まるといって良いでしょう。
ボニックのジェルは冷たいですから、とくに気温が下がる真冬は室温の高いお風呂場で使用するのがおすすめです。
ただしボニックは防水機能があるとはいえ、湯船に入れることはできませんので注意が必要です。

ボニックの超音波モードに筋トレ効果はない

ボニックにはEMSと超音波モードがありますが、超音波モードは筋肉を動かすものではなく、
マッサージ効果を狙って作られているので、筋肉に影響を与えることはありません。

筋トレ効果を持つのはEMSモード

EMSとは日本語で「電気的刺激を筋肉に与える」という意味を持ち、つまりは電気刺激によって筋肉を動かすモードになっています。

脳から筋肉を動かす命令が発せられると、それが電気信号となって筋肉に伝わり筋肉が動くという流れなのですが、
EMSはこの電気信号を脳からでなく、外部から機械で送り込んでしまおうというモードです。
筋肉は脳から命令を受け取った時と同様、自ら収縮することになるので、運動していることになります。